肩こりの原因

1.筋肉への酸素不足を招く原因は多種多様です

姿勢

無理な姿勢を続けたり、長時間同じ姿勢を続けていると筋肉が緊張したままになり、血液の循環が悪くなります。パソコンなどデスクワークが多い人などは要注意です。寝ころがってテレビを見たり、新聞を床に置いたままで読んだり、猫背でいるのも、肩の筋肉を緊張させ、肩こりの原因になります。

首の頚椎にヘルニアなど異常が生じた結果、神経を圧迫し、痛みやしびれを起こすことがあります。整形外科での治療が必要です。

内臓

首の頚椎にヘルニアなど異常が生じた結果、神経を圧迫し、痛みやしびれを起こすことがあります。整形外科での治療が必要です。

メガネやコンタクトレンズが合っていなかったり、パソコンなどを長時間見続けると、目が疲れます。その結果交感神経が興奮状態となり、血管が収縮して血流が悪くなり、肩こりの原因になります。

顎関節症や噛み合わせの不全、歯周病などが原因で、肩こりが生じることがあります。歯軋りなども肩こりの原因となりますね。歯軋りはストレスから来ているとも言われています。

ストレスやうつ病など、精神的に緊張したり悩んだりすると、交感神経が優位になり、筋肉内の血管が収縮します。そのため、筋肉を使っていないのに、血行が悪くなり、筋肉に老廃物がたまってしまう結果、肩こりを生じることになります。


2.急性の筋肉の外傷に続発して起こる場合

打撲や急な筋肉の運動によって、筋肉が損傷を受けると、炎症反応により局所的に循環不全がおきます。 その結果、筋肉のこわばりが起こり、肩こりとして自覚します。 ほとんどは自然に回復しますが、循環不全が慢性化する場合もあります。炎症がある場合は、冷湿布を使用しましょう。慢性的な肩こりには温湿布が有効です。 急性の肩から背部にかけての痛みは、循環器(心臓)の疾患や呼吸器の疾患が疑われますので注意しましょう。痛みが続く場合は病院での精査が必要です。

このページの先頭へ