肩こりとは

首から肩にかけては大小様々な筋肉があります。
私たちがただ座っているだけでも、頭を支えるために首や肩の筋肉は働いています。
筋肉が活動するためには、酸素と栄養が必要です。
そのためには筋肉の中の血管に、十分な血液が流れていなくてはなりません。
血液が不足すると、筋肉は酸欠状態になり、乳酸などの老廃物がたまってきます。
するとそれが刺激となって、筋肉の細胞から発痛物質が出て、
神経を刺激しこりや痛みが生じるようになります。
これが肩こりです。

筋肉が緊張と弛緩を繰り返していると、筋肉自体がポンプのように働いて、
血行を促進します。肩こりの解消には血行改善が大切です。
筋肉が運動している時には、血液が勢い良く流れますが、
デスクワークなどで筋肉の緊張状態が長く続くと、血行が悪くなり、
肩こりを引き起こすのです。

このページの先頭へ